Are you kidding me?

20代を旅に生きて、30代を宿とオランダ移住のために生きるブログ

長旅ってどうやってするの?②

今回はマインドについて・・・

 

 

家族や友人、学校や職場の人に突然「旅に出ることにしたんだ」ってあなたが伝えたら、周りはどんな反応をするでしょうか

応援してくれる? やめとけ、危ないよ、って止められる?

 

 

これは初めて、放浪の旅をしようと決めた時の身近な人との会話

 

「インドに行くことにしたから」 母「そうなの?気を付けてね」

「インドを旅するよ」    友人「よかったね、ずっと行きたいって言ってたもんね」

 

こんな感じでした

 

周りに事前相談することもなく、決定してから報告

反対されてもどうせ行くけど、できれば快く送り出してもらえたらもっといい

そんな感じでした

 

 

「おまえ旅なんかしても意味ねぇぞ」と初対面のおっさんに言われたことがあります

いや、意味あるかないかは私が決めるし

 

「海外に行くならまず先に日本のことを勉強しなさい」とも別の人に言われました

そういうのいらない

興味あるほうに目が向くのは当然のことだし

 

似たような質問を繰り返しされたり、説教じみたもの、よく分からない心配もされますね

 

 

海外留学やワーホリと違って、放浪の旅とかバックパッカーの人が

周囲にたくさんいるのはすでにバックパッカーになってる人くらいです

 

なんか得体の知れない存在だから、想像ができなくて

つまらないアドバイスや説教じみたことを言ってくるんだと思います

 

こんな楽しいことないのにね

 

 

 

周りのリアクションにダメージをくらうことはないものの、

長旅への準備期間中には思わぬ落とし穴がありました

 

それは妙な孤独感

 

旅資金を作ると決めたからには、出費はできる限り抑えました

特に世界一周のための2年間は交際費も極力削らないといけないので、きつかった

 

誘われたら迷わず乗る、スタンスの自分にとってはクラブや飲み会などの遊びを

キッパリ断ることは、友人関係にヒビが入るとも思っていました

 

20代前半の遊び盛り、周りの友人は今を充実して過ごしてるのに、

私はひたすら貯金の毎日・・・

 

誘われた遊びも「忙しいからやめておくね」って断るしかなかった

惨めといったら言い過ぎだけど、実際はそれに近かったし

これが原因でたくさんの友人を失っても仕方のないことだと言い聞かせた

 

それぐらい途方もない旅がしたいと、私は毎日毎晩夢みていました

 

 

今ならハッキリ言えます

じっと堪えてる時期は同時に自分の思いを育てる時間だし、

自分に忠実になることで、自分の個はつくられていくものだと思います

 

 

そこそこ書いても私の文章だけでは圧倒的に足りないので、ここで旅のモチベーションを上げたいときに役立つ私的ずっと手元に置いておきたい書籍を2冊紹介しますね

 

 

-ボロッボロになっても繰り返し読んでる本

旅に出る前の段階に重点を置いた内容なので、参考になること間違いなし

 

 

-いとこの部屋からこっそりこの本を読んだあと、自分で購入

アジア圏を放浪する旅人の心情を、ここまで切なくどうしようもなく表現するかい、となる一冊です

 

 

 

やっぱりワクワクしたいよね