Are you kidding me?

20代を旅に生きて、30代を宿とオランダ移住のために生きるブログ

【バックパックの中身】旅に何を持っていく?

今回は私が旅に持っていったバックパックの中身を公開します

現地で調達できるものもあるので特に使えるものだけを載せていきます

 

 

事前に日本で揃えておきたいアイテム

  1. バックパック 40L60L 
  2. ザックカバー
  3. サブバッグ
  4. 変換プラグ
  5. モバイルバッテリー
  6. ビーチサンダル

  7. ダウンジャケット
  8. 絆創膏
  9. 常備薬
  10. セームタオル
  11. 南京錠(小)
  12. 百均で買うもの
  13. さいごに

下記にひとつずつ詳細を載せています

 

短期編1. バックパック40L

イメージは1週間〜半年程度の期間で主に春〜秋用の衣類が入るもの

実際に私がこれを使った場面は、初めて海外を放浪したインドの時(こんな内容)でした

バックパックってイオンとかに売ってる?アウトドアショップで買おうか?と思って実店舗で見てまわったけれどしっくり来なくて結局アマゾンで購入

これはすっごく使いやすいので、いまだに国内旅行に行くときや2泊3日のキャンプ、野外パーティーの時にも持っていきます

サイズ感や仕切りが多いから物を分別して収納できるのでめちゃ使いやすい!しかも緑色のザックカバーが付属していたので買う必要がないですよ

どれだけものを詰めても8キロ程度にしかならないので荷物が少ない人や冬服は数泊分だけ、くらいにはピッタリなサイズ

 

長期編1. バックパック60L

イメージは半年〜1年以上の期間で、冬服もしっかり入れられるもの

私が初めて使った場面は、1年4ヶ月の旅をした時(こんな内容)でした

上記のバックバックは冬服だけですでにスペースが取られてしまうのでもうひとまわり大きいのを探しました

私が使ってるものはECサイトやHPで見つけられなかったのでもう販売してないと思う

60サイズのバックパックで冬服、ダウンなどがっつり入れられるもの、重さで言うと12キロ程度です

今買うとしたらこれを選ぶ!ってのを探してみました

真ん中にジップが付いてて底にしまった荷物を取り出すときに便利だと思います

私の60Lのバックパックは取り出し口がひとつしかないのが不満だったので、こういう細かい機能は大事だしそれなりの値段がおすすめ、長く使えたら愛着も湧くし結果お得な買い物になるからです

 

バックパックを保護する2. ザックカバー

雨の中歩く時、空港やバスで荷物を預けるとき、バックパックを保護するカバーです

これがあるのとないのじゃあ大違い、バックパック本体は簡単に洗えないけどザックカバーなら洗濯もしやすいしね

安物をへたるまで使うのもよし、それなりの値段で繰り返し使うのもよし

ちなみにこれ、値段が安いだけあって数ヶ月で裂けました(悪口じゃなくて使った感想です)

 

よく使うものを入れる3. サブバック

私がサブバックに入れてるものは肌身離さず持っておきたい貴重品ばかり、パスポートやクレカ、現金が入った財布にPC、一眼レフカメラと絶対なくしたくないアイテム、となると30Lほどのサイズがあればいけるはずです

 

海外で異なるプラグに対応4. 変換プラグ

これがないとスマホやPCの充電が海外でできないので必須

変換プラグは安物でもわりと平気なのでなんでもよさそうだけどこのタイプは安定感があってコスパもいい

 

コンセントがない場所で活躍5.  モバイルバッテリー

アウトドアで活躍するアイテム、私が購入したアンカーは25,000mAhです

日帰りや2泊程度の屋外活動ならこれでいいかも?私が初めて購入したのはオーストラリアでの野外パーティーで6日間、電気のない地域で活躍、その後も充電は切れてなかったから十分な容量でした

 

汚いシャワー室で6. ビーチサンダル

東南アジアの汚いバスルームでは素足でタイルに触れるのも嫌だ、と思うこともしばしば

そんなとき乾くのが早くて軽いクロックスのビーサンがあればなおよし、シャワー用にわざわざ持ち歩きたくなかったら街中でそのまま履くのもアリです、安物で全然OK

 

小さくたためる7. ダウンジャケット

王道はユニクロのライトダウン、それに加えて大きめサイズのモンベルのダウンも持参しました  一つ大きめのを持っていくとダウンにダウンを重ねるという最高の暖かさが得られます これは画像ナシ

 

 

安心のブランド8. 絆創膏

絆創膏なんて世界中の薬局に売ってる、のは確かだけれど途上国に行くなら安心のブランドを買っておくのがおすすめ、定番のバンドエイドや日本製の絆創膏を強く勧めたいのは、ジョージアで買った絆創膏の質が悪かったから...ホールド感、密着感、クオリティはやっぱり違う

 

使い慣れた9. 常備薬

お腹を下したとき、熱がでたときは普段から使い慣れてる薬があると安心、持っていくとき箱は捨ててジップロックに入れておくと収納の邪魔にならない、私は日本にいる時もEVEを愛用してるので選びます

 

収納の節約に10. セームタオル

バックパックのスペースは限られているからバスタオルを入れていくのはもったいないけどコレなら薄くて吸水性ばっちり、乾くのも早いから移動続きが重なる日も大丈夫、これも日本から事前に持っていきネパールで追加で買ったけれど、色落ちして厄介だったので事前に揃えてくのがおすすめ

 

バッグやドミのロッカーで11. 南京錠(小)

バックパックやサブバックのジップに付けたり、ドミのロッカーに使ったり意外と使い道の多い小さい南京錠、私は鍵タイプを持っているけどダイヤル式を使っている人も見かけたなぁ、安物でも十分使えます

 

12. 百均で買うもの

・爪切り ・耳かき ・収納袋 ・・・くらいかな

 

 

13. さいごに

日本から持っていくアイテムは使い慣れた手持ちの洋服や下着、普段から使っているクレジットカードや上記に載せたおすすめくらいです

シャンプーや洗濯洗剤などの日用品は現地で調達できるし、あまり準備の段階でお金をかけすぎないことを強くすすめたいです

せっかく自分で貯めた資金は1円でも多く現地の経験のために使ったほうがいいと思うからです