Are you kidding me?

20代を旅に生きて、30代を宿とオランダ移住のために生きるブログ

【スリランカ】長旅は南アジアへと向かう②

 

前回からのつづき・・・

areyoukiddingme.hatenablog.com

 

 

スリランカに着いてからしっかり観光らしい地域をまわってきました

次はインドビザ取得のためにコロンボに戻ります

 

 

再・コロンボ

騒がしくて雑多な街、コロンボにまた戻ってきました

スリランカでインドビザを取得するため数日はコロンボで過ごさないといけません

 

たまたまGoogleマップで見つけた海沿いのホステルはドミもあるし清潔そうだし、初日に泊まったコロンボの宿とは桁違いだったのでさっそく予約

コロンボ・フォート駅のホームで偶然会ったポーランド人の夫婦も同じホステルに行くと言っていたため3人で一緒に向かっていたのに夫婦は途中でギブ、暑さに負けてトゥクトゥクに乗っていったけど、私は意地でも歩く

道だってそんなにむずかしくなかったんだけどな

 

 

海から近いロケーションにあるAdikaram Sea View Hostelは綺麗な夕日とビーチが目の前で見れるうえ10ドルと価格も文句なし

コロンボにもこんないい宿があったなんて、もっと早く知りたかった

 

そしてお目当てのインドビザを無事にゲット、スリランカだと短期の観光ビザしかとれないとウワサがあったので心配していましたがマルチプルの6ヶ月できちんと取れてホッとしました

 

ビザを取得したあとインド行きの航空券を買いたかったのでオンラインで購入、ビザ待ちの日数も全然かかっていないしやることが終わってしまえばあとはラク

 

このままコロンボで過ごして空港に向かうのもよかったですが、主要な空港は最大の都市コロンボの近くでなくニゴンボからが近いと知ったので、ギリギリまで空港に近づいて宿泊することにします

 

f:id:Areyoukiddingme:20211224152444j:plain

スリランカコロンボ:宿から眺める海沿いを走行する列車

 

f:id:Areyoukiddingme:20211224152647j:plain

スリランカコロンボ:夕日が沈むコロンボのビーチ

 

 

 

ニゴンボ

ニゴンボはスリランカ西部州の都市である。ニゴンボは古代から続く漁業と美しいビーチで知られている。スリランカの中でも特に西欧風のライフスタイルが浸透している都市である。

 

ニゴンボ

コロンボ▶︎ニゴンボへ向かう列車はビーチ沿いを走行しておりいい眺めでした

それが理由か分からないけれど、ぼーっとしてたら降りるはずの駅を通過していることに気づいて、急いで次の駅で降りてまた戻りました

 

コロンボで宿泊したホステルの張り紙に系列らしき宿が載っていたのを知ったので、ニゴンボでも清潔感あるドミを確保できました

 

静かで清潔感があるって最高、おまけに宿のカンティおばさんが昼も夜も美味しいカレーを作ってくれるおかげで、いつでも家庭気分

 

ニゴンボではビーチに出掛けるも50m歩くごとに暇そうな男が代わる代わる話しかけてきてうざかった

最初に到着した時のコロンボでもそうでしたが、私ひとりで歩いてることがそんなにおかしいか、と思うくらい関心を示してきます

インドでは適当にあしらっていたけど、どうやらスリランカもそうみたい

とはいえニゴンボではいい宿に出会えたし、エスケープ先があるのでゆっくり過ごせます

 

スリランカには有名な世界遺産がいくつもあってそれはそれですばらしいんだけど、私がいちばん印象に残ったのはビーチの夕焼けと目の前にやってくる野生動物かな

車道の脇にゾウが歩いていたり、草むらにクジャクがいたりとびっくりな光景にたくさん出会えたのがよかった

 

f:id:Areyoukiddingme:20211224155838j:plain

スリランカ・ニゴンボ:浜辺では漁をする人を多く見かける

 

f:id:Areyoukiddingme:20211224160023j:plain

スリランカ・ニゴンボ:波の音だけが聞こえる海に沈む夕日